試験監督服装

試験監督の服装は?

試験監督の服装は何を着ればいいの?!男は?女性の場合は?

試験監督の服装は何を着ていけばいいのかと心配になる方が多いようです。

 

本サイトにお越しくださった方もきっとそのような不安を抱えてご訪問くださったことでしょう。

 

試験監督というお仕事は、簡単にできるアルバイトであるというイメージとは裏腹に、実はとっても責任の重い仕事でもあります。

 

監督すべき「試験」というのは、大げさに言えば、試験を受ける方それぞれのその後の人生を左右する一大事であるとも言えます。

 

なので、普段着のラフな格好ではNGです。自分が試験を受ける側だったとして、普段着のラフな感じの試験官が試験会場・教室内にいたら、なんか変ですもんね^^

 

基本的に、試験監督アルバイトを募集する人材会社さんが、応募者に対して求める試験監督時の服装としてもっとも多いのはやはりスーツになります。

 

男女ともダーク系のスーツで、男性はネクタイ着用、女性はパンツスーツOK、といった感じが多いですね。

 

また、男性は基本スーツ着用、女性の場合はスーツか、それに準ずる服装も可、というような指定をされることもあります。

 

その場合特に困るのが女性でしょうけれど、もしスーツをもっていない場合に、”準ずる服装”の定義がわからず自分の持っている私服で対応可能か不安になるときには、きちんと募集元派遣会社に対して事前に確認することをしておきましょう。

 

よくQ&Aサイトなどに”試験監督の服装はどうすればいいでしょうか?”的な書き込みをしている方もいますが、このようなサイトで確認するよりは、募集元に直接確認するのが確実に不安を解消できる方法です。

 

1度現場に足を運んで試験監督のバイトを実地で経験すれば、まわりの人がベテラン勢も含めどんな服装をしているのかがはっきりするので安心しますけどね^^

 

一番手っ取り早いのは試験監督用スーツとして1着安くて無難なスーツを持っておくことです。そうすれば”不安な初回”をクリアすることができるので、上記の通り実際の試験会場の雰囲気を経験し服装がどういったものならOKかが一発でわかります。

 

ちなみに、スーツは男女とも色味はダーク系がベスト、男性の場合ストライプは無い方が無難で、あっても地味目なものにした方がいいです。


TOEIC 英検 全国試験運営センター バイトの探し方 東京の試験監督 大阪の試験監督